子供から大人まで大人気!日本最大規模の水族館

ジンベイザメやマンタと出会える黒潮の海

沖縄本島北西部にある海洋博公園の中の沖縄美ら海水族館は、沖縄観光有数の人気スポットです。その魅力はテーマごとに分れた展示で、沖縄の海の魅力を余すことなく再現しています。
なかでも、「黒潮の海」は、深さ10m、幅35m、奥行き27mで、容量が7500?という巨大な水槽です。水槽には、新鮮な海水を絶えず供給するシステムが使われているので、より自然の環境に近い飼育が実践されています。ここでは全長が8,8mにも及ぶジンベイザメや世界最大のエイの仲間のナンヨウマンタなど、沖縄の海の大きな生き物が泳ぐ姿を間近に見ることができます。広々とした水槽で、黒潮の回遊魚など多くの種類の魚たちが泳ぐ中を、ゆうゆうとジンベイザメやマンタが行き交う様子はここでしか見ることのできない圧巻の光景といえます。

美ら海水族館は、見どころが満載

「サンゴの海」は、屋根がないため自然光を取り入れられる300?の水槽で、10年以上もかけて育ててきたサンゴが展示されています。珊瑚礁に暮らす魚たちが泳ぎ回り、ありのままの自然の姿を見ることができます。屋根のない水槽の真上から見下ろして見学することもできます。
また700?の「熱帯魚の海」では、複雑な海の地形を再現して、約130種類の色鮮やかな熱帯魚が姿を見せてくれます。
ほかにも、深海のコーナーには神秘と謎に包まれた不思議な生物たちの展示があり、光る魚やサンゴなどが見られる「海のプラネタリウム」などもあります。
館外には、イルカラグーンやウミガメ館、マナティ館があり、イルカショーなどがおこなわれるオキちゃん劇場があります。