ガラス工房で世界に一つの琉球ガラス作り

そもそも琉球ガラスとは?

沖縄を旅行する人々の間で琉球ガラス作りの人気が高まっていますが、そもそも琉球ガラスについて詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。琉球ガラスとは吹きガラスと呼ばれる製法で作られる沖縄の伝統工芸品のことで、薄くて綺麗な色合いが特徴です。沖縄では古くから一般家庭で用いられていましたが、沖縄が観光地化するにつれて注目を浴びるようになり、今では人気の沖縄土産の一つとなっています。琉球ガラスを使った作品は作る職人によって個性が出ます。このハンドメイド感も琉球ガラスの人気を高めている理由です。そんな琉球ガラスですが、観光客がオリジナルの琉球ガラスを作成出来るような工房が沖縄の各地にあり、素人でも気軽に琉球ガラス作りを体験することが出来ます。

世界に一つしかないオリジナルの琉球ガラスを作ろう!

沖縄にあるガラス工房では、初心者でも簡単に琉球ガラス作りを体験することが可能です。不器用だからうまく出来るか不安だという人でも、工房にいる職人さんが手伝ってくれるので安心して琉球ガラス作りを楽しむことが出来ますよ。琉球ガラスを使って作れる作品には定番のグラスやお皿、花瓶、そして風情ある音色が特徴の風鈴まで、いろいろと用意されています。単にグラスを作ると言っても、仕上がり方は人それぞれなのが琉球ガラスの魅力。工房によってはガラスの欠片を装飾することも出来るので、オリジナリティに溢れる自分だけの作品を作り上げることが可能です。沖縄を訪れた記念に、世界に一つだけしかない琉球ガラスを作ってみてはいかがでしょうか。